• 最新貿易実務便覧  改訂増補
  • 最新貿易実務便覧  改訂増補
  • 最新貿易実務便覧  改訂増補
2024年のクリスマス 最新貿易実務便覧  改訂増補 ビジネス・経済
  • 当日発送
  • 送料無料

2024年のクリスマス 最新貿易実務便覧  改訂増補 ビジネス・経済

お気に入りブランド
販売価格 :

6799税込

獲得ポイント :
ポイント

商品がカートに追加されました
2024年のクリスマス 最新貿易実務便覧  改訂増補 ビジネス・経済
販売価格:¥6799 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

商品の詳細

最新貿易實務便覽 改訂増補 最新貿易実務便覧松田良輔著、ワールドインフオメイションサービス、1951.7261, 21p 19cm※裸本 全体に経年によるヤケ・シミ・ヨゴレ・イタミ・折れがあります。経年による中古に御理解の上ご購入くださいませ。
カテゴリー:本・雑誌・漫画>>>本>>>ビジネス・経済
商品の状態:傷や汚れあり
配送料の負担:送料込み(出品者負担)
配送の方法:未定
発送元の地域:東京都
発送までの日数:1~2日で発送

商品の説明

最新貿易実務(補訂新版) : Amazon.de: Bücher
最新貿易実務(補訂新版) : Amazon.de: Bücher
大須賀祐 著『改訂版 図解これ1冊でぜんぶわかる! 貿易実務』2023年7
大須賀祐 著『改訂版 図解これ1冊でぜんぶわかる! 貿易実務』2023年7
大須賀祐 著『改訂版 図解これ1冊でぜんぶわかる! 貿易実務』2023年7
大須賀祐 著『改訂版 図解これ1冊でぜんぶわかる! 貿易実務』2023年7
Amazon.co.jp: 最新 輸出入 外国為替 実務事典 : 宮下 忠雄: 本
Amazon.co.jp: 最新 輸出入 外国為替 実務事典 : 宮下 忠雄: 本
專屬交易軟體教學- OANDA Lab
專屬交易軟體教學- OANDA Lab

最新のクチコミ

★★★★★

余計な脚色も多くて、それがつまらなくも思えます。 けれど、芯の部分では感動したり、泣けたりしました。 あらためて がんばる って、素敵なことだと気づかされました。

  • 314kana
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

著者は昔から超円安が必要だとしている。 ただ、勘違いしてはいけないのは円安が来ると予言しているわけではなく、今の日本の景気回復には円安政策が必要だと述べている。 決してただの円安預言者ではない。 著者によると円安制作が必要なのに政府が適切な為替政策を行わず、円高を野放しにしてしまい、景気悪化が進んだとのこと。 本の内容では ・円安が必要である理由 ・今後行うべき政策 ・個人でできること が書かれている。 また、著者の経験から為替の仕組みなども詳しく書かれていて勉強にもなる。 ただ、かなり極端な意見なので鵜呑みにせず、1つの見方として受け止める必要があると思います。個人的には、円高を予想している方の意見と比較すると面白い。 決して高い書籍でもないので、一読されてはいかがでしょうか。

  • ジュン2021
  • 21歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

外国の人が こんなに熱心に 日本の将来を考えてくれている。 日本人である私たちのトップである総理大臣や官僚たちに この本を読んで 自分たちのことだけでなく 国民のために・・・

  • あお113
  • 29歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

人口、資源、国土の広さなど日本人には馴染みの薄い国、インドネシアの全貌が明らかにされます。

  • ドッピオ26
  • 37歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

リーマンショックを切り口にした資本主義の恐慌論。2005年の「新自由主義」で新自由主義は金融恐慌を起こすこと予言した著者だけに、内容は研究に値する。 著者は恐慌を資本の運動の停滞ととらえ、それが労働力や原材料の調達、生産、流通、金融の各部門で起こりうること、また過去に起こってきたこと、そして資本主義はそれを回避してきたが、その回避は別の資本の運動の停滞の原因となること、具体例を挙げながら例証していく。 そして、最後には恐慌を避けられない資本主義か、資本主義を乗り越えた体制かを問い、後者の探究を宣言する。それはまだ具体的な構想にはなっていないが、現在の資本主義の閉塞を考えると、資本主義の枠内でけでなく、資本主義を乗り越えることも選択肢に入れるのは当然とおも思える。 現代の資本主義の課題に立ち向かうすべの人が読むべき本と思う。

  • ライトM3
  • 25歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★

隠されていたものがわかった。わかりやすく書いてあるので、 実態経済を勉強するのにお勧め。

  • XxDANGOxX
  • 33歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品

★★★★★

市場原理主義の真実がわかりました。勉強になりました、

  • すずかのパパ1123
  • 41歳
  • アトピー
  • クチコミ投稿 1件
購入品